NEWS

【映画上映】10/29(日)10時〜 いのちを食べて人は生きる 本屋で『ある精肉店のはなし』上映会

大阪貝塚市での屠畜見学会。
牛のいのちと全身全霊で向き合う
ある精肉店との出会いから、この映画は始まった。
家族4人の息の合った手わざで牛が捌かれていく。
牛と人の体温が混ざり合う屠場は、熱気に満ちていた。

いのちを食べて人は生きる。
「生」の本質を見続けてきた家族の記録。

-----------------------------------------------------------------

【タイムテーブル】

2017年10月29日(日)10時〜11時50分(開場9時40分〜)

※飲み物の提供はありませんので、みなさま各自お持込くださいませ。

-----------------------------------------------------------------

牧場や動物園などでみかける牛や豚。

おにく屋さんやスーパーでパッケージされる肉。

2つの情景をつなげている過程が、私たちの日常生活では欠落しています。鮮魚をさばいたり野菜を切ったりする場面は身近なのに肉はそうではありません。なぜなのでしょうか。

その問いに対する答えがこの映画にあるのではないかと思っています。29(にく)の日に一緒に食肉について考えてみませんか。

*販売しております写真絵本『うちは精肉店』(本橋成一・農山漁村文化協会)とあわせてご覧いただくのもおすすめです。

よもぎBOOKS店主