ちいさなちいさな めにみえないびせいぶつのせかい
new
5e8ae5f32a9a426fa9542387 5e8ae5f32a9a426fa9542387 5e8ae5f32a9a426fa9542387 5e8ae5f32a9a426fa9542387 5e8ae5f32a9a426fa9542387 5e8ae5f32a9a426fa9542387 5e8ae5f32a9a426fa9542387 5e8ae5f32a9a426fa9542387

ちいさなちいさな めにみえないびせいぶつのせかい

残り1点

¥1,650 税込

送料についてはこちら

ニコラ デイビス  著  エミリー サットン  イラスト 越智 典子 (翻訳 / ゴブリン書房 世界でもっとも大きな動物はクジラ。 その反対に世界でもっとも小さな生き物は「びせいぶつ」。 この目に見えないほど小さな「びせいぶつ」に焦点を当てた、科学的でもあり、文学的でもある絵本です。 びせいぶつの住処、びせいぶつの種類やびせいぶつの役割。 そしてどのように付き合っていくのが良いのか。 ただやみくもに恐れるのではなく、同じ生物として敬意を払いながら互いの距離感をつかむ。科学的な見地に基づき、根本的なところからの解説をわかりやすく教えてくれます。 読んでもらうなら4歳くらいから。 ひとりで読むなら6歳くらいから。 製本:上製本 ページ:34P サイズ:288×248mm ISBN:978-4-902257-30-4