絵本のなかへ帰る
new
6049b1f7aaf0437e309780e3 6049b1f7aaf0437e309780e3 6049b1f7aaf0437e309780e3 6049b1f7aaf0437e309780e3 6049b1f7aaf0437e309780e3

絵本のなかへ帰る

¥1,650 税込

送料についてはこちら

高村志保 著 きくちちき 装画 / 岬書店 父の代からつづく長野県茅野市にある本屋・今井書店店主高村志保さんによる絵本のひとつひとつからたどる記憶のエッセイ。 高村さんの絵本との思い出には、必ずそばにいる誰かの体温がある。保育園でのこと、父とのこと、母とのこと。さみしかったこと、怖かったこと、そこに介在した誰かのぬくもり。 子どもだったころ、絵本がどんなふうに見えていたのかも大人のそれをは違う。子どもの時と同じようには絵本をみることはできないので、高村さんの思い出を通して、こういう感じ方もあるんだな、とふむふむと思う。 役に立つという本ではない。絵本が子どもにとって良い、という解釈の本でもない。ただ、本を中心に生活をしてきた高村さんの素朴な言葉が、なんとなく春の雨のようにゆっくり染み入る。 じっくり、ゆっくり、時間を忘れて読むのにいいなと思います。 *岬書店は夏葉社さんのもつ小さなレーベルです。ISBNはついていません。 size:四六判変形 上製 ページ:160p 初版刊行:2021年2月25日