new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/4

中学生のためのテストの段取り講座

残り1点

¥1,430 税込

送料についてはこちら

坂口恭平 著 / 晶文社 躁鬱病と付き合いながら文筆家であり、芸術家であり、音楽家であり、いのっちのでんわと呼ばれる自殺したい人たちからの電話を携帯電話で24時間受け続けている坂口恭平さん。 また学生時代、勉強はできる方だったという坂口恭平さん。娘のアオさん(刊行当時、中1)から「テスト勉強の仕方がわからない」という相談に答えるなかで、書き上げたのがこの一冊。 坂口さんは勉強を教えることはなく、勉強の仕方についてのコツを伝授します。それが「スケジュール表をつくること」でした。 どうしてスケジュール表をつくると良いのか。 スケジュール表をつくることがどんなことに繋がるのかをはじめ、大人について、お金について、将来について語ります。 ひとつひとつが易しい語り口調なので、中学生のみなさんが読むのは難しくないと思います。また、同時に大人もこの本を読むことで固定観念に縛られていることに気づき、これまでの学校や社会に対して考え直すきっかけになるかもしれません。 家の本棚にそっと置いておいて、気になる時に手を伸ばして自発的に読む、というのがおすすめです。自発的、っていうのがミソです。 はじめに その1 テストとは何か? その2 段取りとは何か? その3 大人とは何か? その4 全体量を把握すると、不安がなくなる その5 スケジュール表の作り方 その6 自立のための段取り講座 その7 学校でお金の稼ぎ方を教えない理由 その8 将来の夢は置いといて、将来の現実を具体的に見る その9 自分で会社をつくってみよう その10 あなたはお金です

セール中のアイテム