月夜とめがねのレビュー

月夜とめがね
月夜とめがね

高橋和枝さんが小川未明の作品を見事に蘇らせてくれたと思いました。全体がやさしい月夜の青い光でつつまれていて、おばあさんを見守る草木や蝶たち、めがね売りも本当はなんの化身なのでしょう。
おばあさんが一番欲しいものをそっと与える、不思議で神秘なこの一夜は、神様がくれたプレゼントの一夜かもしれません。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
りんごさん

絵本のご購入ありがとうございました。
小川未明さんの独特の世界観が、高橋和枝さんのふんわりしたイラストでさらに魅力的になった不思議な感覚になる絵本と思います。ぜひ絵本の設定と同じ6月ごろにまた読んでみてくださいませ!

よもぎBOOKS
よもぎBOOKS