{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/10

種から種へ 命つながるお野菜の一生  *オリジナルポストカード1枚付き

残り1点

2,640円

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
レビュー2件

送料についてはこちら

-------------------------------------------------------------- 2024年2月2日-2月19日に開催の『冬の植物観察日記』写真パネル展にあわせ、数量限定でオリジナルポストカード(写真10枚目)をお付けしています。書籍未収録の冬と春を感じる写真がモチーフになっています。 |2/19 追記| 鈴木純さんのサイン本は完売いたしました。現在は通常本の販売となります。 -------------------------------------------------------------- 植物観察家 鈴木純 著・写真 / 雷鳥社 『そんなふうに生きていたのね まちの植物のせかい』の刊行から2年。植物観察家の鈴木純さんの新たな書籍ができました。 今回のテーマは野菜。日々、スーパーや八百屋さんに整然とならぶ野菜たちの一生を6年間かけてカメラを携えて追いかけます。(実際にはもっと長い時間の観察から成り立っているようです) 種から発芽、花から実。そして種へ。循環する生き物だけども、人の手により独特の進化をとげてきた野菜。 前作同様、吹き出しがあることで会話するように読み進めることもでき、植物に近寄って観察しているような気持ちになれる、実に楽しい、そして比類のない独自の視点の書籍になっています。 カバーを外した本体にもまるで暗視カメラで撮影されたかのようなディティールが凝らされていて、さらにカバー自体を広げるとポスターになるという驚くべき仕掛けが。 ぜひご自身で野菜の一生をお楽しみいただいたり、野菜を育てるのが好きな方へのプレゼントにも。本を読んだ後は、スーパーや八百屋さんに行くのがもっと楽しみになるかも。 size:B6判・並製・オールカラー ページ:304p 前作はこちら 『そんなふうに生きていたのね まちの植物のせかい』 https://yomogibooks.com/items/5e9bf68472b9115272dc0a2e

セール中のアイテム