new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/4

【夏葉社刊行書籍2,200円以上購入でノベルティプレゼント】美しい街

残り2点

¥1,760 税込

送料についてはこちら

---------------------------------------------------------------------- ただいま夏葉社13周年記念として、夏葉社刊行書籍を2200円(税込)以上(※)お買い上げの方に、本の記録が書き込める「本の手帖」を差し上げています。 「本の手帖」をご希望の方は、カラー2種類(グリーンorオレンジ)のうちからお好きな色をお選びいただき「備考欄」にご記入ください。 ※夏葉社の書籍のみ2,200円以上のご購入がプレゼント対象となります。 ノベルティはなくなり次第終了となりますので予めご了承ください。 ---------------------------------------------------------------------- 尾形亀之助 著 松本竣介 絵 / 夏葉社 1900年に生まれ、1942年に逝去した詩人・尾形亀之助。 本著では全詩作から55編が精選されています。 尾形亀之助の詩は、読むたびにうまく掴めなくて、掴もうとすればするほどするりとかわされてしまうような感覚があります。どう表現したら良いのか考えあぐねていると、この本の巻末エッセイにある能町みね子氏の文章が見事に尾形亀之助の詩を捉えているのでぜひ読んでほしいです。 そしてたゆたうように一遍の詩を読み、そして本を閉じ、またいつか本を開いて読む、そういう楽しみ方が似合う詩集です。 ------------------- 「幼年」 夜あけに床の中でハモニカを吹きだした 子よ 可哀そうにそんなに夜がながかったか ブーブー ハモニカを吹くがよい お前のお菓子のような一日がもうそこまで来ているのだ ------------------- 判型:四六判上製変形 ページ:176ページ 装丁;櫻井久 巻末エッセイ: 能町みね子

セール中のアイテム